家が呼吸するということ

PAGETITLE
時代が進化するにつれ、住まいの高断熱性と高気密性が求められるようになりましたが、本来、日本の気候や風土には、木造住宅が適しているのです。
木造は、夏の暑い間は湿気を取り、通気が良く過ごしやすい環境を作ることができます。
しかし、冬の寒い中では、気密性や断熱性が乏しく、年間を通して過ごしやすい住まいとは言い難い点がありました。
そこで、アルミサッシの登場により、気密性が向上し断熱材が普及したことにより、年間を通して、快適に生活できる住まいを実現させることができるようになりました。
ただし、高気密、高断熱住宅には死角があるといわれるようになります。
シックハウス症候群が社会問題となり、住宅の正しい住まい方が問われています。
化学物質の影響やダニ、害虫の影響、結露の発生などによるカビの害などは、自然換気が少なく、健康に被害を及ぼします。
また、本来、夏の高温多湿な環境である日本において、木造住宅が最も適しているのですが、限られた土地に多くの人口が暮らしていることや、地震が頻繁に起こることを考えると、鉄筋コンクリート造のマンションの需要が高まるのは当然のことで、呼吸をすることのないシックハウス症候群を引き起こす可能性がある住宅を、さらに増やすことになりました。
人や他の生物が、すべて呼吸をしていることと同じで、家も呼吸することで、自然の循環を作り出しています。
自然の循環が保たれることは地球環境保全にも繋がり、人間という生物の健康にも繋がっています。
最近では、高気密、高断熱の住宅でも、換気が十分行える仕組みになっている住宅や、化学物質を使用しない木造の良さを活用した家など、呼吸をする家として研究されています。

関連サイト