調質性の調整

PAGETITLE
シックハウス症候群の原因の一つに、カビやダニの発生があげられます。
湿気は、外からの湿気、地面からの湿気、家の土台であるコンクリートからの湿気、日常生活において発生する湿気などがあります。
冬は、家の外と内との温度差により結露し、カビやダニが発生します。
夏は、冬とは逆に外気の湿度が高く室内はエアコンなどにより冷やされ、壁や床下で結露が起こります。
こうした結露を調湿することができれば、シックハウス症候群を抑えたりなくすこともできますが、換気することで悪化するとも考えられるのです。
対策としては、高機能な調湿材を使用することです。
湿度と共に暮らすことで、エネルギーを抑える省エネにも繋がり、快適な住空間を作り出すことができます。
湿度が高い場合は湿気を吸い、湿度が低い場合は湿度を出し、湿度を一定にしようとすることです。
そこで、調湿性を調整することにより、健康な住まいを作り出すことができると考えることができます。
夏の暑さはエアコンなしでは過ごすことができず、冬は室内で暖房器具を使い温めた空気を外に逃がさないために、窓は一年中締め切った生活を送るようになりました。
しかし、それでは空気がよどみ、有害物質を体内に取り入れて健康に害を及ぼす結果を生みます。
窓を閉め切っても、自然換気と通気を図ることができるように工夫することや、気密性の高いキッチンや収納などの扉に工夫を凝らすこと、わずかな電気代で使用できる換気扇を活用し排気を促し、部屋の中のどこかの窓を少しでもいいので開けて給気し、空気の循環を作ることや、無垢材や調湿材を使って対策し、健康な住まいを作り出しましょう。

関連サイト