断熱性と遮音性

PAGETITLE
空気の循環を行うことで、呼吸をする家に近づくことはできますが、年々暑くなる夏に対するエアコンと、寒い冬の暖房に使う電気料金のことを考えると、住まいに断熱性が求められるのは時代の流れなのかもしれません。
住まいの中で、最も熱損失が大きい個所は、開口部です。
冬になると、窓や玄関ドアに結露が付着し、悩まされている人も少なくありません。
そこで、断熱性を高めるためにさまざまな対策が講じられています。
例えば、サッシにはめ込む窓ガラスを複層ガラスにしガラスとガラスの間に空気の層を作ります。
また、サッシそのものの材質を、熱伝導の大きいアルミから樹脂にすることや、既存の窓枠を利用し、部屋の内側にサッシを二重に設置するのも有効です。
そして、方角により、開口部の大きさに配慮することも重要です。
南は、冬でも日射が強く、太陽の光が差し込む角度が低く部屋の奥まで光が届きます。
しかし、東や西は、日射が弱く、開口部を大きくすると熱損失が大きくなり、夏には窓辺に直角に近い角度で強く光が差し込みます。
そして、断熱性と遮音性は比例していないため、断熱性とは別に外壁や床、屋根に遮音性に優れた建材を使用したり、開口部の気密性などを対策する必要があります。
中には天然素材の断熱材や遮音材があり、シックハウス症候群対策としても効果的です。
複層ガラスも単板ガラスより遮音性は高くなりますが、窓の位置や方向、ガラスの厚みなどで、断熱性と遮音性は比例しないので、住まいに何を求めるのか検討した上で対策を講じましょう。

関連サイト