無垢材を使う

PAGETITLE
化学物質を含まない自然素材として、住まいづくりに用いられている建材として、無垢材があります。
原木から必要な寸法を切り出し使用され、木材ならではの質感や風合いなどが魅力で、調湿効果もあることから、家そのものが呼吸をすることができる木造住宅に使用されることがあります。
マンションなどの集合住宅は、鉄筋コンクリート造がほとんどのため、無垢材が使用されることは少ないのですが、戸建て住宅の場合、フローリングに無垢材を使用する人が増えているようです。
無垢材の種類は多く、古来から建造物や家具に使用されています。
代表的な無垢材に、桐、檜、杉、チーク、楢(オーク)、タモ(アッシュ)、栗(チェストナット)、胡桃(ウォールナット)、樺(バーチ)、ブナ(ビーチ)、ケンパス、カリン、松(パイン)などがあります。
こうした無垢材は、材質により価格は異なりますが、最近は、価格が安いタイプも普及しています。
天然木のシンプルな美しさと心地よい住まいづくりには最適で、施行された後も、木そのものが虚空するため、湿度が高くなる夏は特に湿気を吸収してくれます。
高温多湿な日本の気候にはピッタリなのです。
また、冬でも他の建材に比べると冷たくならず、温もりを感じることができます。
ただし、天然木はやわらかいので、傷つきやすく、床暖房には向いておらず、木目や模様が一定していないという点があります。
傷の修繕や定期的にワックスを掛けることで、無垢材の良さを十分味わいながら使い続けていくことができるでしょう。

関連サイト